美モニター募集
ポイントシステム
ホテル予約代行
手術症例の解説
症例写真レポート
他院修正手術
古屋院長ブログ
スタッフブログ
採用情報
メディア掲載
来院予約フォーム

Qスイッチレーザー(しみ) メニュー

施術内容

しみの原因、状態によってはレーザー治療が適応されます。メラニン色素に対し吸収率が高いルビーレーザー、アレキサンドライトレーザーを使用します。正常組織にはほとんど吸収されない為、皮膚へのダメージが少なく老人性や紫外線によるしみに効果的です。顔の場合は時間が経って角質が厚くなっているしみや真皮成分を伴うしみに、また手や肩、足にできているしみに使用します。除去後はUVケア、美白剤の使用を心がけましょう。

お勧めの方

・短時間でできるしみの治療を受けたい方
・どの方法が適しているか自分で判断できない方
・レーザーでしみを取りたい方

レーザー光線とは

1960年Maimanは、ルビー結晶にキセノンのフラッシュランプの光を当ててポンピングを行ない、694.3nmの赤色光の発振に成功しました。この現象は光を増幅、発振するという意味で、light amplification by stimulated emission of radiationの頭文字をとってLASERと名づけられました。

このレーザー光は、(1)単色性、(2)指向性、(3)集束性、(4)高輝度などにおいて優れた干渉性を有する(コヒーレントな)光線であり、従来の非コヒーレントな光線では考えられない多くの特色を持っています。
レーザー発生装置は、レーザー光発生物質、共振器、励起装置からできていて、レーザー光発生物質の種類により、(1)固定レーザー、(2)気体レーザー、(3)液体レーザー、(4)半導体レーザーなどに分かれます。現在、美容外科領域においてはこれらのすべての種類のレーザーが使用されています。

Qスイッチアレキサンドライトレーザー/ルビーレーザー

これらのレーザーは最新の機器で、お肌にも優しい安心して受けられる治療です。

治療の対象となるもの
1.しみ 2.入れ墨(タトゥー)青いタイプのものが治療の対象となります

治療方法(しみおよび入れ墨)
しみのレーザーは肌にやさしいタイプのレーザーなので、範囲が狭ければ多少ピリッとする程度で基本的には麻酔の必要はありません。ご心配の方には、局所麻酔薬が入ったシールを約1時間貼った後に、レーザーを照射して行くことも可能です。

経過(しみの場合)
レーザー照射後は、多少の赤みが生じます。皮膚の保護目的で、肌色の目立たないシールをレーザー照射の部分だけに貼ることもあります。メイクは当日から可能です。しみのレーザー照射では、約1週間すればその部分はメイクで隠せます。レーザーを照射した部分は約2~4週間後には赤みが薄くなりしみの部分が濃くなってくる時期がありますが、しみがきれいになっていく時の過程とお考え下さい。

経過(入れ墨)
しみのレーザーよりも少し強めのパワー設定で照射します。約1ヶ月後には入れ墨が消失しているか、薄くなっています。入れ墨の場合、その濃さと深さにより完全に取れない場合もあります。その場合には2~3回の照射が必要になることもあります。

Vビームレーザー

新しいクーリングシステムが装備されていますので従来の朱あざ用のレーザーに比べ、痛みが軽度で、レーザー後にかさぶたができたり、紫斑を形成することがありません。そのため治療後もガーゼをはる必要がなく、お顔の治療の場合でも翌日からお化粧ができます。

治療の対象となるもの

1.赤あざ 2.イボ

治療方法(手術後のケロイド)

通常3~4週間おきに3~4回の治療を行います。 2~3回目終了後から効果が実感できます。

経過

痛みは極わずかで麻酔の必要はありません。

POINT

しみは、原因、部位、濃さ、大きさなどをによって治療を選択します。
主に日焼けによるごく短期間にできたしみやソバカスなど、皮膚の表面近くにある色素には、アレキサンドライトレーザー、ルビーレーザーが良く反応します。メラニン色素のみをターゲットにしますので、他部位にダメージを与えることなく除去することができます。
レーザー治療が適応するのは、顔にある時間が経って角質が厚くなっているしみ、真皮成分を伴うしみです。
レーザー照射後は、約1週間テープで保護し、その後新しい皮膚ができるまで日焼けをしないようにして下さい。

ページの先頭へ戻る
レーザー治療(しみ)の特徴
  • 施術時間

    約40分

  • 麻酔

    なし

  • 腫れ具合

    ★☆☆☆☆

  • ダウンタイム

    約1週間
    患部を肌色のテープ固定。
    その後UVケア

同時に行うことが多い施術

ページの先頭へ戻る

料金表

  • レーザー治療(しみ)

    10,800円~ ※大きさ・性質により異なります。

ページの先頭へ戻る

よくある質問と答え

Answer

  • レーザーの中でも、最もメラニン色素等の黒っぽい色に対し吸収率が高いレーザーです。正常組織にはほとんど吸収されませんので、皮膚へのダメージが少なく老人性や紫外線によるしみ、アザに効果的です。Q-スイッチレーザーですから、高出力、短時間で照射が可能で、しかも熱が発生しませんので深い層にも効果が出ます。
  • Q-スイッチアレキサンドライトレーザーは、皮膚組織の深達度に優れておりメラニン色素等の黒っぽい色に反応します。Q-スイッチレーザーですから、高出力、短時間での照射が可能で熱が発生しません。その為皮膚にダメージを与えずに、しみ、アザ、そばかす、太田母斑、刺青除去、アートメイク除去などの治療ができます。
  • レーザーを照射している時間をパルス幅といいますが、パルス幅を10億分の1秒単位で制御できるレーザーが、Q-スイッチレーザーです。Q-スイッチとは、QualitySwitchingの略語で、カメラのフラッシュのように、一瞬の瞬発力があるので、高出力を短時間で照射できます。
  • しみをレーザーで除去した後は、UVケアや美白剤のアフターケアを行います。しっかり日焼けを防ぎませんと却って色素沈着を起す可能性があります。治療後には、かさぶたが出来ますが、1週間前後でかさぶたが剥がれピンク色の肌が現れます。
  • 肝斑は、女性の頬に見られるしみで、女性ホルモンの影響で生じることが多いといわれています。表皮にメラニン色素が沈着している状態ではありますが、肝斑にレーザー治療や、IPL治療、深めのケミカルピーリングをするとかえって色素沈着が悪化し色が濃くなります。肝斑は、トレチノイン軟膏による治療が最適です。
  • 腫れはありません。
  • 照射時は、ゴムで軽くはじかれたような感じです。痛みに弱い方には照射する前に、患部に麻酔のシールを貼ることもできます。
ページの先頭へ戻る

初めての方はこちらからどうぞ 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る
携帯メール宛てにこのページのリンクを送信します



※「リッツ美容外科 ページURL」というタイトルの
 メールが届きます。

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディライン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ