リッツ美容外科 高松院で行っている、気軽にできるバストアップ、ヒアルロン酸注入による豊胸術のご紹介です。

美モニター募集
ポイントシステム
ホテル予約代行
手術症例の解説
症例写真レポート
他院修正手術
古屋院長ブログ
スタッフブログ
採用情報
メディア掲載
来院予約フォーム

バストへのヒアルロン酸注入 メニュー

施術内容

ヒアルロン酸注入による豊胸術。リッツはマクロレインVRF30と呼ばれるヒアルロン酸を使用しております。マクロレインVRF30のヒアルロン酸粒子は大きいので吸収されるまでの期間は1~2年間と長いのが特徴です。手術ではありませんので、カウンセリング当日にお受けいただくことも可能です。

お勧めの方

・手術以外の方法で豊胸をしたい方
・部分的にボリューム出したい方
・傷が残らない方法で豊胸をしたい方
・仕事を休まないでバストアップしたい方
・レントゲンに写らない方法を希望する方

「豊胸はしたいけれど、仕事が忙しくて休みが取れない」
「豊かなバストに憧れているけれど、手術をするにはまだほんの少し決心がつかない」

これらの理由で、今まで叶えられなかった美しいバストへの夢が、遂に実現しました。
ヒアルロン酸の注射による豊胸ですので、皮膚への切開は不要。
1サイズほどのバストアップを希望される方に最適です。
また、ダウンタイム(腫れや不自然さが回復するのに要する時間)を考慮する必要がありません。
そのため、「今週末にドレスアップしたい」といった急なご要望にお応えることができます。

ヒアルロン酸の種類は?

ヒアルロン酸分野では、世界で最高の実績があるQ-MED社によるマクロレインVRF30です。
ヒアルロン酸は、もともと人体の皮膚(真皮内)、関節液などの人間の細胞間組織に広く存在するムコ多糖のため、身体に安全なものです。
アレルギー発生率は0.1%程度と低く、皮内テストを必要としませんので、カウンセリング後当日に注入することができます。
ヒアルロン酸には、粒子の大きさの異なるものが存在し、美容外科では、部位や希望に応じて使い分けています。
しわ、隆鼻、涙堂形成などに使われているのをご存知の方も多いでしょう。
種類としては、多様な薬剤があり、体内に吸収されるまでの期間はその特徴や注入部位によって異なりますが、一般的には6ヶ月~12ヶ月ぐらいです。
しかし、マクロレインVRF30は、通常しわ、隆鼻の治療に使われるヒアルロン酸に比べると粒子が約10倍と大きく、効果の持続期間は、約1~2年間です。

ヒアルロン酸注入法の特徴

1. 切開をしない注射による施術のため、通院の必要はありません。
2. レントゲンには写りません。
3. 妊娠、出産には影響しません。
4. 授乳後の張りを取り戻すことも可能です。
5. 静脈麻酔を使用し、無痛のうちに片側20~30分ほどで終了します。
6. 片側で40~60ccくらいの注入が一回の目安となります。
7. 術後のアフターケアは必要ありません。入浴は翌日からできます。
8. 持続期間は、1~2年間です。
9. 誰にも気付かれない自然な感触です。

 

注入層、注入回数

ヒアルロン酸の注入において重要なことは、まず、注入層の選択です。
当院においては注入する際に、皮膚や乳腺の状態を診断し、バストの深い部分つまり乳腺下、乳腺周囲に注入します。
マクロレインVRF30の粒子は大きいので、浅い層に注入をしますと粒子に触れることがあります。
バストを豊かにされたい方の大半は、乳腺に厚みのない方ですので特に注入層の見極めが重要なのです。

また、1回に注入する量も大切なポイントです。
例えば、片側100cc注入を希望された場合には、1回目に60cc、1ヶ月くらい空けて2回目40ccを注入するようにします。
一度に多くを入れ過ぎると硬くなることがあるからです。
希望される注入量によっては、数回に分けて注入した方が、自然な仕上がりとなります。
また、もともとのバストの状態によっても、注入の回数を、分けた方が良い場合があります。
痩せ型で、皮膚に余裕がない方は一度にたくさんの量を注入せず、数回に分けた方が良いでしょう。
授乳後などで、皮膚に余裕のある方でしたら、1回の注入でも大丈夫でしょう。

麻酔

局所麻酔、局所麻酔と静脈麻酔の併用で行います。
短時間で終わるヒアルロン酸注入法ですが、痛みを心配される方も多いのではないでしょうか。
リッツ美容外科では、ヒアルロン酸の注入に際し、局所麻酔の痛みを無くすために、短時間の静脈麻酔を使用し、全く無痛のうちに終了します。
静脈麻酔は、点滴から眠くなってしまう鎮静剤や、痛みを除く鎮痛剤を注入する方法です。
外来での日帰り手術では、薬の作用として切れの良い、覚めの良いものを使用します。

POINT

ヒアルロン酸を注射で注入する施術ですので、ダウンタイムがほとんどなく気軽にバストアップできる施術です。
注入する際には、皮膚や乳腺の状態を診断し、バストの深い部分つまり乳腺下、乳腺周囲に注入します。マクロレインVRF30の粒子は大きいので、浅い層に注入をしますと、粒子に触れることがあるからです。バストを豊かにされたい方の大半は、乳腺に厚みのない方ですので、特に注入層の見極めが重要です。
注入量は、一度に多くを入れ過ぎると硬くなることがありますので、量によっては数回に分けて注入した方が自然な仕上がりとなります。痩せ型で、皮膚に余裕がない方は一度にたくさんの量を注入せず、数回に分けた方が良いでしょう。授乳後などで、皮膚に余裕のある方でしたら、1回の注入でも大丈夫です。
当院が使用するヒアルロン酸は、ヒアルロン酸分野では、世界的に実績があるQ-med社によるマクロレインVRF30です。 妊娠・授乳には全く影響しない施術です。

ページの先頭へ戻る
ヒアルロン酸注入(マクロレイン)の特徴
  • 施術時間

    約15分

  • 麻酔

    静脈麻酔

  • 腫れ具合

    ☆☆☆☆☆

  • ダウンタイム

    なし

同時に行うことが多い施術

ページの先頭へ戻る

料金表

  • バストへのヒアルロン酸注入

    10ml:64,800円

ページの先頭へ戻る

よくある質問と答え

Answer

  • 1カップほどのバストアップが可能です。
  • 手術ではなく注射で行いますので、バストには傷がつきません。
  • 注射による豊胸ですから、腫れや不自然さが回復するまでの期間を考慮する必要がありません。通院もありませんので、お休みを取らなくても大丈夫です。
  • ご心配はございません。未婚の方でも安心して受けていただけます。
  • ヒアルロン酸には多様な薬剤があり、体内に吸収されるまでの期間はその特徴や注入部位によって異なります。マクロレインVRF30は、通常しわ、隆鼻の治療に使われるヒアルロン酸に比べると粒子が約10倍と大きく、吸収されるまでの期間は、約1~2年間です。
  • 胸へのヒアルロン酸の注入で重要なことは注入層です。皮膚や乳腺の状態を診断し、バストの深い部分つまり乳腺下、乳腺周囲に注入します。マクロレインVRF30の粒子は大きいので浅い層に注入をしますと、粒子に触れることがあります。乳腺に厚みのない方は特に注入層の見極めが重要です。
  • 人工乳腺法、脂肪注入法は永久的な豊胸術です。ヒアルロン酸を注入していても、手術には影響はありません。期間を空けることなく、すぐにでも手術は可能です。
  • 腫れはほとんどありません。
  • 注入は静脈麻酔で行いますので、無痛で眠っている間に終了します。術後に強い痛みはありません。
ページの先頭へ戻る

初めての方はこちらからどうぞ 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る
携帯メール宛てにこのページのリンクを送信します



※「リッツ美容外科 ページURL」というタイトルの
 メールが届きます。

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディライン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ