h 下顎全体を細くし小顔効果をはっきりと出すVライン形成術

リッツ美容外科 高松院で行っている、下顎全体を細くし小顔効果をはっきりと出すVライン形成術のご紹介です。

美モニター募集
ポイントシステム
ホテル予約代行
手術症例の解説
症例写真レポート
他院修正手術
古屋院長ブログ
スタッフブログ
採用情報
メディア掲載
来院予約フォーム

V-line形成(垂直骨切りなど) メニュー

施術内容

顎(あご)の骨を垂直骨切りし、その骨片切除により下顎全体が細くなり、小顔効果がはっきりと現れる手術です。単独あるいは水平骨切り術と同時に行ない、骨切除による顎幅の減少・左右非対称、長さの短縮を行います。顎のラインをV字型に形成する手術として希望される方が多く、韓国においては輪郭形成術の中でもVライン形成術として人気を博しています。

お勧めの方

・顎(あご)のラインをV字型にしたい方
・顎(あご)の幅を細くしたい方
・顎(あご)が左右非対称の方
・下顎全体を細くして小顔にしたい方
・顎(あご)の骨切り後の丸みをシャープにしたい方

オトガイ(顎)V-line形成術

はじめに基本的な医学用語のお話ですが、顎(あご)本来上顎、下顎という分類があるように、口元を中心に上下左右に広い範囲を指します。一般的に皆様が思われている顎(あご)は、口元の下方で顔の中心である下顎骨の中央部分を指すのだと思いますが、その部位は医学用語では、オトガイ(頤、おとがい)と表現されます。
オトガイの横幅(下端の平坦な部分)は、左右鼻翼間幅径から左右光彩内側縁間幅径の間であることが望ましいとされます。女性では平均35mm程度で、それ以上では顎としてはやや太く、大きく感じられます。
オトガイに関しては長い、短い、突出、後退などはよく論議されるのですが、横幅(広い、狭い=太い、細い)に関しては、論じられることは多くありません。
しかし、顔面輪郭手術を専門とするリッツ美容外科では長さ、突出度と同様に顎の横幅を大切な要素と考え、手術術式を検討すべきと考えています。女性らしいほっそりとした顎、ときに逆三角形の顎は魅力的な輪郭になるために重要なポイントとなるからです。

オトガイの横幅を細くするには2つの方法が考えられます。

1)オトガイ垂直骨切り術
2)オトガイ下端(結節部)斜骨切り術

術式の適応は、顎の長さ、顎の突出度、オトガイ神経の位置を総合的に判断して決定します。
顎がかなり長い場合には垂直骨切り術、顎が突出している場合には斜骨切り術、オトガイ神経が下方に位置している場合には斜骨切り術、など相対的な評価で術式を決定しています。もちろんこれらの顎の特徴は組み合わされているわけで、その場合には術式の選択は経験を積んだ医師の判断に委ねられることになります。

オトガイ垂直骨切り術

これは2009年に韓国のドクターから発表された方法です。水平骨切りの中抜き法を、縦方向、すなわち垂直方向にしたものであり、オトガイの横幅を減じる手術です。韓国の女性は顎のVライン形成と言っているようです。通常8~12mm程度の幅寄せを行います。しかし、骨切り後に両端に段差が生じるため、その段差を均さなければならず、神経の位置と相談しながら適応を決定する必要があります。
また骨切り後に両端の骨片を中央に寄せる際に、オトガイ筋群がたわんで突出する形となるため、結果としてオトガイは、術後にはやや前方に出ることになり、オトガイが後退している方には良い結果となります。
手術は口の中から行います。粘膜を剥離して下顎骨オトガイ部を露出して、予定骨切り幅を骨上にデザインします。サジタルソーを用いて、垂直方向に2本、水平方向に1本、骨切りを行います。中抜き骨片を摘出後に左右の骨片を中央に寄せて、チタンプレートで固定します。さらに下顎骨と同様にプレート固定を行った後、両端の段差をノミで削って均すことになります。

また時に、オトガイを短く、そして細く希望される患者様もおられます。その場合には、水平・垂直骨切りを同時に施行します。2個の中抜き骨片を摘出すると、両端の段差は一層顕著で、症例によっては、下顎角まで連続して段差処理を行う必要が生じます。
 

オトガイ垂直骨切り術の手術方法

手術は全身麻酔で、約1時間で終了します。

①はじめに垂直方向の骨切りを行います。オトガイ幅の減少は、通常8~16mm程度行います。サジタルソーを用いて全層に縦方向に2本骨切りを行います。

②次に中央骨片を切除するために、水平方向の骨切りを行います。骨切り線の上限はオトガイ神経孔の6mm下方とします。

③水平骨切り後、中央の骨片を切除します。

④左右の骨片を2穴チタンプレートで固定します。

⑤両端の段差をオステオトームを用いて丁寧に時間をかけて、なめらかにならします。

⑥最後に上下の骨片を2ヶ所チタンプレートで固定します。
 

 

オトガイ結節部 斜骨切り術

オトガイ部の下端で、オトガイ結節を斜めに骨切りをすることによって、オトガイ横幅を減少させ、細い顎を形成します。下顎骨の形態によって水平長は異なり、ときに下顎角(エラ)付近まで延びることもあります。
はじめにオトガイの中心線をマーキングします。中央から左右に7mmほど外側の点が、骨切りの内側のスタート点となります。ここから外側に向かって斜め上方に骨切りを行っていきますが、問題となるのはオトガイ神経孔、下歯槽神経の走行になります。安全を見込んでオトガイ孔下方では孔から8mmは離すのが無難です。このあたりはセファロ、パントモが大変役立ちます。下顎骨下縁の形状にもより生ますが、時に下顎角付近まで骨切りが必要になることもあります。
もし同時に短縮手術を行う場合には先端を削る場合には5mmほどの短縮が限界です。それ以上短くしたい場合には水平骨切りを同時に行うことになります。
本術式は、先に述べた垂直骨切りより利点が多くあります。手術後の腫れは少なく、手術後の口唇周囲の麻痺感も少ない、など侵襲の少ない手術といえます。

POINT

垂直骨切り術は、顎(あご)を細くするだけではなく、顎(あご)の幅の減少・左右非対称、長さの短縮もできる施術です。

顎(あご)の骨を垂直骨切りし、その骨片切除により顎(あご)の形態を整える施術です。単独あるいは水平骨切り術と同時に行ないます。

個人差はありますが、顎(あご)の幅を8ミリ~15ミリ細くすることを可能とする施術です。

輪郭形成術の中でもVライン形成術として希望をする方が増えている施術です。下顎全体が細くなり、小顔効果がはっきりと現れる施術です。

顎先を細くするには、非常に難しく高度な技術を要しますので、行なっているクリニックがほとんど無いのが現状です。

ページの先頭へ戻る

V-line形成(垂直骨切りなど)の特徴
  • 施術時間

    約120分

  • 麻酔

    全身麻酔

  • 腫れ具合

    ★★★☆☆

  • ダウンタイム

    約1~2週間
    抜糸 10~14日目
    (吸収糸を使用するが、基本的に抜糸を行う)

    術後1~2週間位までの食事は、熱いもの、堅いもの、辛いものなどの刺激物は避ける。

同時に行うことが多い施術

症例写真



オトガイ垂直骨切り術症例写真

オトガイ垂直骨切り術(+エラ)

オトガイ尖端を5mm短くして、細くV字ラインを形成しました。

 

オトガイVライン形成術(+エラ縮小術)

目隠しモニター



オトガイ垂直骨切り術(+エラ)

手 術前には顎全体が大きく、前に突出しているのを気にされていました。顎先(オトガイ)がほっそりしたシャープな顔が希望であり、エラの方向に向かって、V ライン形成術を行いました。本手術では、あごの先端の長さは3mm短くして、中央両端より両側に6mmはなれたポイントからオトガイ結節をまたいで、下顎 縁骨切り術を行っています。術後は顎からエラにかけて、逆三角形のシャープなVラインに変身しました。」


 

オトガイVライン形成術(+頬骨縮小術+エラ縮小術)

小顔形成術を施行しました。オトガイはエラから連続的に下顎下縁骨切り術を施行しました。オトガイ先端ガほっそりしてシャープな印象となりました。このVライン形成は顔面骨切り手術の中でも高度な技術を要する手術です。



 

ページの先頭へ戻る

料金表

  • V-line形成(垂直骨切りなど)

    垂直骨切り:972,000円~

ページの先頭へ戻る

よくある質問と答え

Answer

  • 顎先が少々出ているあるいは左右の長さが微妙に違うような場合には、医療用のグラインダーを用いて骨を削ります。長い顎を短くする、顎先の前突や後退の程度が顕著な状態には、いくら削っても限界があるので、下顎骨の中間部分の構造上不要な部分を切り抜いて短縮し、その後丁寧に削って滑らかに形成します。顎削りは前方への出っ張りを減らす手術、顎の長さを短くする場合は顎骨切りになります。
  • 顎を出す方法は、ご希望と状態により何通りかあります。一つは骨切りをして前方に移動させる方法で顎の長さ・大きさの改善も可能です。もう1つは、お1人お1人に合わせてデザインしたオリジナルのインプラントを口の中から挿入する方法です。ご希望や状態によって適している方法を医師が診断します。
  • 一般に面長と感じられる方は、顎が全体のバランスの中で長い方が多いです。正面顔における顎の長さは鼻柱基部から下口唇下部までの長さと下口唇下部から顎先の長さが等しいとバランスが良いと言えます。この美的基準をもとにして顎が長い方には、2段水平骨切り術で顎を短くし輪郭全体のバランスを整えます。
  • 顎を短くするのは比較的たやすいのですが、顎先を細くすることは非常に難しく高度な技術を要しますので行なっている美容外科がほとんど無いのが現状です。下顎骨を10~12ミリ短縮して全体的に削った場合、若干輪郭が丸い印象になることがありますが、当院では顎の形もご希望に応じて細くすることが可能です。
  • 両側第一小臼歯部を結ぶ下の歯茎の粘膜よりやや唇側を約3センチ切開します。この部位は粘膜下組織が豊富なため可動性に富み、傷の閉鎖を容易にします。
  • 顎には下唇から顎の感覚を司っているオトガイ神経という感覚神経があります。当院では、実際にセファロという規格レントゲン写真で神経の位置を確認の上、計測しオトガイ神経を傷付けないように骨切りデザインをしますのでご安心ください。通常、顎先から5ミリ上を、下方の骨切りラインとします。そしてオトガイ孔から最低でも5ミリ離れたラインを上方の骨切り線とします。
  • 顎の骨切り術を難易度の高い手術とされているのは、骨切り後にできる左右の段差をならしていくのが難しく高度な技術と熟練を要するからです。当院では、独自に開発した骨削りノミで、下顎角(エラ)の方向に向かって段差を丁寧になだらかにしていきます。他院手術の修正も多数行っていますので、是非、お越し下さい。
  • 顎を単独で手術を行った場合に、エラが強調され正面顔では太った印象になることがあります。また横顔は下顎のラインが水平に近づきスクエアな印象になることがあります。このような場合は、顎先から下顎角まで広範囲に骨切り術を行います。当院では輪郭全体のバランスを考慮して最適な方法をご提案します。修正手術も多数行っておりますので諦めずにご相談下さい。
  • 骨切り後移動した骨の固定は、新たな位置の維持と骨融合にきわめて重要です。固定力は、新たな位置に安定するのに、十分な力が必要です。当院では固定はワイヤーを用いて行います。この固定は除去する必要はありません。
  • 先端を短く、小さくすると個人差はありますが、筋肉と皮膚にたるみが出ます。これに対して当院では骨に2~3ヶ所孔を空けて吸収糸で筋肉を引き上げ、骨に再度固定してたるみを解消します。また、2段水平骨切り術は、先端の骨を残すので、先端の筋肉を剥離する必要がないため、たるみが出難い手術です。
  • 術後1~2週間熱い物、堅い物、辛い物などの刺激物を避けて頂ければ、翌日から通常のお食事が召し上がれます。
  • 手術は全身麻酔で行いますので、無痛の内に終了します。個人差はありますが、意外に骨の手術は痛みが少なく、お渡しする鎮痛剤でカバーできるくらいです。
ページの先頭へ戻る

初めての方はこちらからどうぞ 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る
携帯メール宛てにこのページのリンクを送信します



※「リッツ美容外科 ページURL」というタイトルの
 メールが届きます。

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディライン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ