リッツ美容外科 高松院で行っているしわ・たるみを改善する美容整形の施術一覧をご紹介します。

フェイスリフト [頬フェイスリフト]

老化とともに出てくる変化は、曲線的でなだらかなフェイスラインが「でこぼこ」となることです。頬下方が垂れ下がってくると顔の下半分が大きくなり、シャープなフェイスラインの輪郭から四角い顔へと変化していきます。
フェイスラインを引き上げる手術で、若い時のフェイスラインに近づけていきます。
手術方法にはいくつかあり、比較的腫れの少ないSMAS(スマス)法や最大の効果を長期に維持できるリガメント法が代表的な手術方法です。

スレッドリフト(糸のリフト) [ハッピーリフト]

糸によるリフトは切開しないので、フェイスリフトの手術と比べて腫れが非常に少ないことが特徴です。ハッピーリフトは溶ける糸を使用するので効果が永久ではありませんが、溶けない糸と比べて安全性が極めて高く手術後のトラブルが少ない日帰り手術の代表です。
法令線の改善はありませんが、フェイスラインや頬下方のたるみには極めて効果が高いので、手軽に若返りを実感できます。

上眼瞼の若返り [上眼瞼除皺術]

加齢とともに上瞼に出てくる代表的な変化として、皮膚のたるみがあります。上瞼の皮膚が垂れ下がってくると二重のライン幅が狭くなります。特に目尻側の皮膚が垂れ下がるといわゆる三角目になったり老けた印象が強くなったりします。
目尻付近の皮膚の垂れ下がりが強い方には、眉毛リフトやこめかみリフトをお勧めしています。ですが通常は、上眼瞼切開で瞼の上にある余った皮膚を取り除くことによって十分な効果がでます。

下眼瞼の若返り [下眼瞼脱脂]

~皮膚を切らない施術~

下瞼で加齢とともに出てくる変化は、しわ・たるみとクマです。下瞼にある影(クマ)は特に年齢を感じさせます。しわ・たるみは皮膚切除を行う下眼瞼切開で改善します。下瞼にある凸凹した影(クマ)は下眼瞼脱脂によって改善します。

プチ整形(注入) [ボトックス・ヒアルロン酸]

笑ったり眉をしかめたりという表情の変化で目立つ皺は、ボトックスの注射で改善が得られます。
ボトックスの治療対象となる皺は、額、眉間、目尻、下眼瞼です。
但しボトックスは注入部位や量によっては不自然な表情、頭痛、瞼の変化などを生じることがあるので、当院では適切な部位に無理のない注入量をお勧めしています。
また表情を変えなくても残っている皺にはヒアルロン酸が効果的です。

脂肪注入 [頬 脂肪注入]

年齢とともに頬骨の下方がくぼんでくると、やつれた印象や老けて見える印象となります。一般的にはやせ型の人に多いのですが、法令線が深くなり頬下方が垂れ下がってくると、頬骨の下方にある皮下脂肪も少なくなりくぼみが目立ってきます。老化による頬のくぼみには、脂肪注入が効果的です。
当院ではCRF(コンデンスリッチファット)を用いて脂肪注入を行っています。CRFとは、採取した脂肪を遠心分離させることにより濃縮させ、また不純物を最大限取り除く方法です。単に血液成分を洗浄するピュアグラフトによる脂肪注入よりも、より効果的と言えます。

切開しない若返り

若返りと言えば昔はフェイスリフトの手術しか選択肢がありませんでしたが、最新の医療機器は切開しなくても様々な若返り治療が可能となってきました。
決して手術のような効果は期待できませんが、腫れない、傷を残さない、仕事で休みを取る必要がないといった点で切らない施術を希望される方は増えてきています。
リフトアップ効果で最も効果が期待される機器は、ウルセラ(超音波)です。ウルセラの作用機序は基本的にはサーマクールと同じです。しかしサーマクールと異なり、皮下の浅い層だけでなく深部にも作用させることができるので、肌の張りやリフトアップ効果がサーマクールよりも大きいと言えます。
切らない医療機器での施術には限界があるので、ウルセラ以外のものも複数組み合わせることによって相乗効果を出すことができます。
また自分に最も効果的な医療機器を1つ選択してまずはその効果を見るということも可能です。

初めての方はこちらからどうぞ 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る
美モニター募集
ポイントシステム
ホテル予約代行
手術症例の解説
症例写真レポート
他院修正手術
古屋院長ブログ
スタッフブログ
採用情報
メディア掲載
来院予約フォーム

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディライン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ