リッツ美容外科 高松院で行っている、小鼻の幅を狭くして小鼻を小さく見せる鼻翼縮小術のご紹介です。

美モニター募集
ポイントシステム
ホテル予約代行
手術症例の解説
症例写真レポート
他院修正手術
古屋院長ブログ
スタッフブログ
採用情報
メディア掲載
来院予約フォーム

施術内容

日本人の悩みで圧倒的に多い鼻翼幅を狭くしたいという希望に対しては、今までなかなか良い方法がありませんでした。そこで、当院が開発したのがエーラー・フラップ法です。一般的な方法では切除するべき軟部組織を残し、鼻翼を中央に寄せる力源として利用し、最小限の切開で鼻翼幅を大幅に減少させる方法です。鼻翼幅を狭くしたいという希望が多い日本人にとっては最適且つ画期的な方法です。

お勧めの方

・小鼻の幅を狭くしたい方
・後戻りのない方法で小鼻を小さくしたい方
・小鼻の幅を狭くして、張りもなくしたい方
・傷が外側につかない方法で小鼻の幅を狭くしたい方
・大幅に小鼻のボリュームを減らしたい方

【鼻翼形成術】

”鼻翼”とは聞きなれない言葉かもしれませんが、”小鼻”のことを言います。
鼻翼形成術の目指すゴールは、手術後の痕跡が目立たず、できるだけ左右対称で自然な形態です。
鼻翼の形態はさまざまで、個々の患者様に応じて術式、デザインを選択する柔軟なアプローチが要求されます。同一患者様の左右の鼻翼で、術式、切除位置、切除幅が異なるなんてこともしばしばあります。その意味では“鼻翼形成術”という普遍的、画一的な手術法は存在せず、個々の症例に応じて最適な術式を選択することになります。

術前診察の際には、鼻翼だけを評価するのではなく、顔全体における鼻のバランス、鼻の中での鼻長、鼻幅、鼻の高さ、鼻尖との大きさの比率、鼻柱と垂直(上下)方向の位置関係(ACR)など相対的評価も重要です。

鼻翼手術を単独で行った場合、かえって他部位とのバランスを崩すことも少なくありません。例えば単独で鼻翼縮小を行った場合には、両側から鼻翼が引き寄せられることになり、鼻尖が丸く、太くなることがあります。鼻尖幅、鼻翼幅のバランスを術前に評価し、必要に応じて両者を同時に行うことにより良い結果を得られるのです。

患者様の希望

鼻翼手術を希望される患者様の希望は以下のようなものです。
1)鼻翼幅(鼻翼部最大幅)を狭めたい
2)鼻翼の側面の強い張り出し(彎曲)を弱めたい
3)鼻孔(鼻の穴)の大きさ、形態を改善したい
4)鼻翼、鼻孔の左右非対称を改善したい
5)過去に行った鼻翼縮小手術の2次修正(傷跡、不自然な形態など)

 

術前の評価

正面からの鼻翼の評価では、
1)鼻翼幅と目頭間距離との比較を行います。日本人女性の場合には目頭間距離は平均35mmであり、鼻翼幅はそれと同等かやや大きめが理想的で、37mmを目安とします。
2)鼻尖の太さと鼻翼幅のバランス(鼻尖幅は鼻翼幅の約3分の1が理想的)
3)鼻翼基部(付け根)と鼻柱基部の垂直方向での位置関係が重要です。
また軸位での評価も重要で、鼻翼側面、nostril sill、鼻孔の大きさ・形態と相対的な関係を正確に把握します。
さらに斜位、側面では鼻翼自体の大きさ、鼻翼付け根と鼻柱との相対的関係を評価します。

術前チェック項目

1)鼻翼幅(平均は約37mm), 
2)鼻翼(alar lobule)の大きさ、張り出し(alar flaring) 
3)鼻孔の大きさ、形状(縦長、横長等)
4)鼻尖幅(必要に応じて同時手術を検討)は必ず評価したうえで、術式を決定する。
5)鼻翼の左右差:どのような左右差があるのか?
6)鼻翼の付着位置(垂直方向):鼻柱との関係(ACR)の評価も行います。

 

手術計画

術前には、鼻翼のどの部位を変化させ、どのように調整するかを鼻翼形態、鼻翼幅を考慮に入れながらデザインします。歴史的にもさまざまな術式が報告されています。


鼻翼形成術は通常以下の2つの手術のどちらか単独、あるいは組み合わせて行われることがほとんどです。 
1)鼻孔内・前庭部の皮膚切除:Nasal base reduction(鼻翼の幅を小さくする)
2)鼻翼alar lobuleの皮膚切除:excess alar flaring correction(鼻翼の張り出し・弯曲を減じる)

鼻翼形成術の実際

鼻翼幅の縮小:Nasal base reduction

鼻翼形成術のなかでは最も希望が多い手術です。鼻孔底・前庭・nostril sillの切除により、鼻孔を縮小しながら鼻翼幅を縮小することになります。
一般のクリニックで行われている鼻翼幅縮小術では、鼻孔底(前庭部)の組織を紡錘型に切除するシンプルなものですが、結果として鼻翼幅はほとんど変わらないこともあります。


その理由は、切開線より中央側(鼻柱側)の皮膚は可動性が良いが、外側の皮膚は頬部と連続しているため可動性に乏しいため、縫縮することにより鼻翼が内側に引かれる(狭くなる)というより、可動性の良い鼻柱側皮膚が外側に引かれることになるためです。

そこで鼻の横幅を減らすため当院では独自の方法(エーラーフラップ法)を開発して、日本美容外科学会で発表を行い、多くの先生から賞賛を得ました。

リッツ式オリジナル鼻翼幅縮小法:エーラー・フラップ法(alar deepithelialized flap 法)


手術手技の実際

当 院で行っている鼻翼幅縮小術は、通常であれば紡錘型に切除するべき皮膚を切除せず、反対側に通じる皮下トンネルを作ってこの皮弁(表皮は切除します) を対側に引っ張って、反対側鼻孔底の皮下組織に縫合する方法です。やや手技は煩雑ですが、後戻りもなく鼻翼幅縮小効果を確実に高めています(日本形成外科 学会、日本美容外科学会発表済み)。



なお本法の適応に関する注意点として、鼻翼幅縮小効果が強いため、鼻尖とのバランスを術前に比較、検討して、鼻尖縮小も同時に併用すべき症例が少なくありません。手術前より鼻尖、鼻翼とも太い場合には同時手術をお勧めいたします。

鼻翼(Alar lobule) の丸み、張り出しの縮小:excess alar flaring correction

鼻翼が頬の付け根より外側に広がっている場合をalar flaring(フレア)と言います。側面が過度に長い、大きな鼻翼(alar lobule)に対しては、鼻翼外側の皮膚を切除することになります。



皮膚切除後に左右で同じ長さが残るように切除幅をデザインします。


症 例によっては左右の切除幅は必ずしも同じではありません。鼻翼手術全般に言えることであるが、デザインの際に“何ミリ切除するか”ではなく、“術後に何ミ リ残すことにするため、切除量は何ミリにする”という考え方が、自然な形態で、左右差の少ない鼻翼を形成するためには重要なのです。

手術手技の実際

鼻 翼ー頬結合部(Alar-facial junction)より0.5~1mm離して、切開線をデザインします。鼻翼全長で三日月型に、通常3mm×12~15mmで皮膚を切除します。創の縫合 には細心の注意を払って、5-0PDSで中縫い、7-0黒ナイロンで縫合します。
縫合線は、alar-facial grooveに一致させずに0.5~1mmほど離す理由は、その方が傷跡が目立たないからです。


実 際には個々の症例に応じて、鼻翼基部(皮膚側)切除と鼻孔底切除(前庭部皮膚切除)の2つの手技を組み合わせることも少なくありません。Alar flaring(フレア)で、かつ鼻翼幅が大きい症例では、先に述べたalar deepithelialized flap 法を同時に行いますが、その際には側面と前庭部の皮切デザインは別々に行うことによって術後形態の予想がつきやすく、安定した結果が得られるます。
 

鼻翼挙上術:鼻翼基部が鼻柱基部より尾側に位置している場合




鼻 翼の尾側位置異常(下がりすぎている)は、横から見た際に鼻翼が覆いかぶさって鼻柱が見えず、鼻が短く見えます。決して形の良い形態ではありません。鼻翼 基部を頭側に移動し、collumelar-alar triangle(三角)を形成するとバランスが良くなります。当院で行っている方法は、独自の方法で他のクリニックでは行っておりません。

はじめに鼻翼の尾側を切除し、


皮弁をスキンフックで保持しながら底面(頬)からを頭側方向に剥離挙上します。
底面側で最大幅3mmほど軟部組織を水平方向に切除し、


さらに底面で垂直方向(頭側―尾側方向)にマットレス縫合をかけて頭側に移動するように縫縮します。


その際吸収糸を使用し、水平マットレス2針縫合している。


本法は下垂している鼻翼の尾側を切除することによって基部をわずかですが挙上させることと、ベース側で組織切除した上でマットレス縫合によって基部下端を挙上することを組み合わせています。


POINT

鼻翼縮小術には、さまざまな術式が存在します。日本人に多い鼻翼幅を狭くしたいという希望に対して、今まであまり良い方法がありませんでした。そこで当院が開発したのが、エーラー・フラップ法です。

エーラー・フラップ法は、一般的な鼻翼縮小術では、鼻翼が不自然な形態になるという欠点を改善し、最小限の切開で大幅に鼻翼幅を減少させることができる画期的施術です。 一般的な方法では、切除する皮膚を利用して、左右の鼻翼を中央に寄せます。糸のみで寄せるのではありませんから後戻りがなく、大きな変化が得られます。 基本的に鼻に穴の内側から行なう手術ですので、傷が表にでません。但し、鼻翼の張り出しが大きい場合は、切開線を外に伸ばして皮膚を一部切除して張りを小さくすることもあります。 第49回日本形成外科学会総会にて発表し注目されたオリジナルの施術です。

ページの先頭へ戻る

鼻翼縮小術の特徴
  • 施術時間

    約60分

  • 麻酔

    静脈麻酔/局所麻酔

  • 腫れ具合

    ★★☆☆☆

  • ダウンタイム

    3~5日間
    抜糸 7日目

同時に行うことが多い施術

症例写真



鼻翼縮小症例写真

 

鼻翼縮小術


左右に広がった小鼻はリッツ式Alar flap法により横幅が縮小し、ほっそりとした鼻になりました。計測値としては、術前が鼻翼幅は39mmでしたが、術後は35mmと4mmの変化ですが、外見上は大幅に改善されました。

 




鼻翼縮小術






 

鼻翼・鼻尖縮小術


左右に広がった小鼻はエーラー・フラップ法により横幅が縮小しました。ほとんど外側には傷を残しません。術前には40mmあった鼻翼幅は、術後36mmに減少しました。鼻尖縮小との相乗効果により鼻はだいぶ細くすっきりした印象です。






 

鼻翼縮小+鼻尖挙上
 

シリコンインプラント⇒ゴアテックスインプラントへの入替
鼻翼に関しては、鼻翼の張り出しを減じるために4mm幅で皮膚を切除し、さらに鼻翼幅を縮小するためにalar flap法で大幅に小鼻を小さくすることに成功した。







鼻翼・鼻尖縮小術

手術前は鼻尖、鼻翼ともに大きく、ほっそりとした鼻を希望されたため、鼻尖縮小術と鼻翼縮小術を併用しました。




 

鼻翼縮小術(+鼻尖縮小術)

ページの先頭へ戻る

料金表

  • 鼻翼縮小術

    内側切除 270,000円
    内側拡大切除 486,000円
    外側切除 378,000円

  • 鼻翼挙上術

    486,000円

ページの先頭へ戻る

よくある質問と答え

Answer

  • 鼻翼幅を狭くすることを主な目的とするエーラー・フラップ法は、鼻の穴の内側から行います。この方法は、糸で中央に寄せるのではなく、従来法では切除する軟部組織を残し、表皮を切除した後に皮下トンネルを通して対側に引き出し、鼻翼を中央に寄せる力源として利用します。
  • 当院が開発したエーラー・フラップ法は、鼻翼幅を狭くしたいという方に最適な方法です。但し、鼻翼が肉厚でボリュームがあり、大きなボリュームダウンを期待されるなら、小鼻の付け根の溝に一致させるように切開することもあります。この場合でも細かく丁寧に縫合しますので、ほとんど分からなくなります。
  • 鼻尖の位置は下なのに、鼻尖から鼻翼に上がってくる角度が急で、鼻の穴がよく見える場合があります。このような場合は、鼻翼の上がっている部分だけを下げる手術になります。方法は、耳から皮膚と軟骨を一緒に採取し、鼻の穴の中から裏側に移植して、鼻翼から皮膚を下に下ろします。
  • 鼻翼の外側への張りを改善する場合、鼻翼の皮膚を一部切除します。最も効果的な方法は、鼻翼の内から外にかけて皮膚を切除する外側法です。なるべく鼻の穴の中を多く切開し外側の切開は少なめにします。外側の切開部は鼻翼の溝に沿って細かく縫合しますので殆ど分からなくなります。
  • 日本人に多い鼻翼幅を狭くしたいという希望に対しては、最少限の切開で大幅に鼻翼幅を変える方法が当院が開発したエーラー・フラップ法です。基本的に鼻の穴の内側から行いますが、鼻翼の張りだしが大きい場合は、更に切開を外側に延ばして皮膚を一部切除しますが、傷は細かく縫合しますので殆ど分からなくなります。
  • 当院が開発したエーラー・フラップ法は、鼻翼幅を狭くしたいという方に最適な方法です。従来法であれば切除する軟部組織を皮弁として残し、表皮切除した後に皮下トンネルを通して対側に引き出し、鼻翼を中央に寄せる力源として利用します。最小限の切開で大幅に鼻翼幅を改善できる画期的な方法です。
  • 鼻翼縮小は、状態に合わせて様々な方法があります。鼻翼幅が広い、鼻翼の張り出しが気になる、鼻翼幅も張りだしも気になる、鼻翼が肉厚である等状態に応じて術式を選択します。当院では他院修正手術を多数行っておりますので、諦めずにご相談ください。前回の術式を検証しご希望に添う方法をご提案します。
  • 鼻翼は鼻スジ、鼻尖、鼻柱とのバランスが重要なため、単独手術のみならず、鼻の他部位との複合手術も多く行なわれます。ご希望を伺った上で、鼻全体、目や口元、輪郭等他部位とのバランスを考慮して最も効果的な方法を診断致します。
  • 局所麻酔で行います。ご希望の方には静脈麻酔を使用し眠っている間に無痛の内に終了することもできます。個人差はありますが、術後に強い痛みはなく、お渡しする鎮痛剤でカバーできます。
  • もともと大きいものを小さくする為、ほとんど目立たず、個人差はありますが、3日~5日間をみて頂いております。抜糸は7日目、この間、内側法の場合は鼻の穴に目立たない糸がついています。外側からは、角度によって見えるか見えないかという程度です。外側法の場合でもマスクをして頂ければ、カバーできます。
ページの先頭へ戻る

初めての方はこちらからどうぞ 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る
携帯メール宛てにこのページのリンクを送信します



※「リッツ美容外科 ページURL」というタイトルの
 メールが届きます。

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディライン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ