リッツ美容外科 高松院で行っている、戻らないくっきりとした平行型の二重をつくる切開法をご紹介します。

施術内容

瞼の状態や希望する二重のラインによってはどうしても埋没法ではラインが戻ってしまうことがあります。
切開法では埋没法とは比べ物にならないくらいの強度が得られ、永久的な二重が得られるのでいつ元にもどるのかと心配する必要がありません。

上眼瞼切開(全切開)の手術方法

全切開のポイント ~希望の二重をつくるために~
(1)皮膚切除
アイプチで伸びて余った皮膚や、睫毛の上にかぶさった皮膚がある場合には皮膚を切除します。
皮膚を切除することによってアイラインが引きやすくなります。
(2)自由なライン設定
埋没法と比べラインを限りなく希望に近いラインにすることが可能です。平行型を希望の場合には目頭切開を同時に行うこともあります。
(3)二重の入り込み
切開法では希望の二重をつくることは可能です。しかし、深く入り込んだ二重をつくったり、ラインが薄目の二重をつくったりといった調節は切開法ではできません。
二重のラインの入り込みは生まれ持った目の開き具合で決まります。眼瞼下垂の手術を同時に行えば、ラインが自然としっかりと入り込んで、目ぢからのある二重となります。
(4)傷跡
傷跡の個人差はあるものの手術後半年ほど経過すれば非常に目立たなくなります。
当院ではカウンセリングから施術まですべて院長が行うので、希望するラインも含めて常に安定した結果を出すことができます。
傷跡は体質もありますが、手術の技量による部分もかなり大きいと思います。
丁寧かつ繊細な手術は、院長がいつも心がけていることです。
(5)元にもどらない二重
切開法とは元にもどらない二重、逆に言えば元に戻せない二重です。元に戻せないだけライン設定は非常に重要となり慎重に行うべきです。
切開法では二重のラインは永久的な二重なので、カウンセリングを行った院長自身が、手術前に納得のいくまで希望するラインを鏡で確認しながら慎重に決めていきます。二重のラインは座った時と寝た時とでは重力の影響で変わってきます。最も重要なことは、二重のラインを決める時には座った状態でライン設定を行うことなのです。
(6)腫れぼったさを改善させたいとき
二重の手術では腫れぼったさの改善は得られません。腫れぼったい瞼を改善させるためには、瞼の脂肪(眼窩脂肪または隔膜前脂肪)を取り除く方法と眉毛リフトとがあります。簡単にできる眼窩脂肪切除よりも少し難しい手術の隔膜前脂肪切除の方が確実な効果が得られます。眉毛を指で持ち上げて腫れぼったさが改善する場合には眉毛リフトが最も効果のある手術方法です。

小切開法

上眼瞼切開(全切開)との最も大きな違いは、切開線が短いことです。強度は全切開法よりは劣りますが埋没法よりは強く、腫れや内出血が少ないので早く通常の生活にもどれます。

通常二重のライン上に5mmの切開を行いますが、非常に戻りやすい厚ぼったい瞼の場合には約10~15mmの切開を行うこともあります。

ページの先頭へ戻る

切開法の手術後気になること

埋没法で元にもどることを何度か繰り返すと、もどらない二重の手術を希望すると思います。但し、切開法となると手術後の腫れや傷跡も当然気になります。

永久的な二重を希望する場合、ある程度休みが取れる方であれば切開法を強く勧めることはあります。

以下の表は切開法の手術後に気になる可能性のあることも含めて記載しているので、切開法も一つの選択肢だとお考えの方は参考にしてください。

切開法の手術後について
  • 腫れ

    ・ピーク 3日
    ・1~2週間でかなりひく
    ・1ヶ月でかなり自然になるがまだむくみは残っている
    ・3ヶ月でラインは完成

  • ・担当医の技量による
    ・ゼロではなく個人差がある
    ・3ヶ月はまだ赤い
    ・6ヶ月~1年で赤みが消えることが多い

  • 平行型の二重

    ・平行型の二重を希望するとき、目頭切開が同時に必要なことがある

  • ラインの消失

    ・ほとんどの場合もとにもどらない
    ・無理なラインを希望すると切開法でももどることがある
    ・眼瞼下垂(眠そうな目)や凹みがあるともどることがある

  • ラインの修正

    ・将来希望が変わってラインの変更をしたいときは無理な場合もある
    ・ライン修正を行わなくて済むようによく打ち合わせたうえでラインを決定する
    ・一度広げたラインを狭くすることは可能だができないこともまれにある
    ・狭いラインを広げることは比較的容易にできる
    ・埋没法の手術後のライン修正は、切開法であれば比較的簡単にできる

  • 合併症(副作用)

    ・瞼の皮膚の感覚が少し鈍くなったり、傷跡の痛みが出たりすることがある
    ・極めてまれに夜間薄目が開くことがある
    ・二重の幅を広げるほど目が開きにくく眠そうな印象になる
    ・埋没法を過去に受けている場合、切開法の手術後に埋没糸が露出することがある

切開法で腫れを少なくさせるために

埋没法で何度も戻ってしまう方には、十分な休みさえ取れれば切開法による二重の手術は極めて有用な手術方法です。しかし実際問題として切開法を受けたいけれど腫れが長引くので無理という方も多く見受けられます。

当院では、腫れを最小にさせるための丁寧な手術操作、手術手技、手術術式、薬剤の使用など様々な方法を取り入れ、仕事への復帰の時間を短縮させるべく創意工夫をして手術を行っています。

症例写真



全切開法症例写真

全切開法(+目頭切開)



全切開法(+脱脂)



全切開法(+下眼瞼切開法-Hamra法)



全切開法

「くっきりとした二重を希望の方は切開法の適応となります。」



全切開法+目頭切開法+涙堂形成

「全切開と目頭切開でパッチリとした瞳になりさらに涙堂形成により豊かな表情に改善されました」

小切開法症例写真

ページの先頭へ戻る

料金表

  • 上眼瞼切開

    378,000円

  • 小切開

    324,000円

ページの先頭へ戻る

よくある質問と答え

Answer

  • 傷は全くゼロというわけではありません。傷には個人差もありますが、手術を行う担当医の技量によるものもかなり大きいと言えます。
  • 切開法で埋没糸は基本的には取ります。但し埋没法の糸は数か月~1年ほどで糸の色が透明になってしまい見えない場合には取れないこともまれにはあります。
  • 腫れのピークは3日から5日です。1週間~2週間くらいでかなりひいてきます。1か月後にはメークで隠せるくらいです。個人差もありますが3カ月で腫れはほぼ目立たなくなります。
  • 切開法における痛みは非常に軽度で、採血時の痛みとほぼ同じくらいです。手術の最初に行う痛み止めの注射が終われば、手術中には痛みはありません。術後は創部を触らなければ痛み止めの内服薬で対処できる程度の痛みです。
  • 生まれつきの二重でも切開法で作った二重でも、加齢による変化は同じように起こるので不自然な二重にはなりません。
ページの先頭へ戻る

初めての方はこちらからどうぞ 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る
美モニター募集
ポイントシステム
ホテル予約代行
手術症例の解説
症例写真レポート
他院修正手術
古屋院長ブログ
スタッフブログ
採用情報
メディア掲載
来院予約フォーム

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディライン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ