隆鼻術[シリコン(プロテーゼ)]

「鼻を高くしたい。」「鼻筋を通したい。」という希望は、シリコンを用いたプロテーゼによる隆鼻術でスッキリとした鼻になります。
鼻が低いと思っている方の場合、最も多いのが目と目との間が低い場合です。シリコンで目と目との間を高くすることは可能ですが、鼻先には高さを出さないことが安全です。
無理な希望でなければ、基本的には生涯を通じて入れ替えの必要はありません。

元々の鼻のゆがみは誰にでも多少はあります。鼻のゆがみのある方にシリコンを入れて高さを出すと手術後に鼻のゆがみが強調されて気になることがあります。高松院では、鼻のゆがみも考慮して手術を行っています。

鼻先の形成術 [鼻尖縮小術]

いわゆるダンゴ鼻や鼻先が丸い状態を改善させる手術が鼻尖縮小手術です。鼻尖縮小術は多くの場合、以下の3つのことを同時に行います。
(1) 鼻のボリュームダウンを行い
(2) 鼻の軟骨(鼻翼軟骨)を中央に寄せてスリムにし
(3) 鼻先に耳介軟骨を移植します
手術方法は大きく2つに分かれます。鼻の中からの見えない傷で行う方法がクローズドメソッドです。それに対して、目立たない傷ですが鼻の中央にも切開を行って大きな視野を確保して行う方法が、オープンメソッドです。
どちらの手術方法が良いかは一長一短で、また鼻の状態や希望もあるので一概には言えませんが、多くの場合傷が外から見てわからないクローズドメソッドで行うことが多いと思います。

鼻の穴を見えにくくする手術 [鼻翼縮小術]

鼻の穴を小さくさせる代表的な手術が鼻翼縮小術です。鼻翼縮小術は、小鼻が横に広がっているのを改善させる手術です。多くの場合、鼻の横幅も狭くなり鼻全体として小さな鼻となります。この手術のポイントは鼻を小さくし過ぎないことです。小鼻の膨らみが全くなくなるほど小鼻を小さくすると不自然な形態となります。小鼻の膨らみを多少残すことが自然な仕上がりを出す上で重要なことです。

鼻の穴を見えにくくする手術 [鼻中隔延長術]

上向きの鼻を改善させる手術が鼻中隔延長術です。上向きの鼻は、正面からみて鼻の穴が大きく見えてしまいます。その原因は、鼻の縦方向の長さが短い(短鼻)ことによるもので、解剖学的には鼻中隔が短いことによります。上向きの鼻は自分の軟骨を鼻中隔に延長させることにより改善します。

鼻の穴を見えにくくする手術 [鼻孔縁下降術]

正面から見て鼻の穴が見えるのを改善させる代表的な手術には鼻翼縮小術、鼻中隔延長術、鼻孔縁下降術の3つの手術があります。
鼻翼縮小術は小鼻が横に広がっていることに対して行います。鼻中隔延長術は上向きの鼻(アップノーズ)に対して行います。
鼻孔縁下降術は鼻の穴の中央部分が見えやすい人に対して行います。鼻の奥に隠れた自分の皮膚を反転させるので傷が見えないことが特徴です。
また、異物を使わず自分の軟骨と皮膚のみを使うので術後も安心です。

鼻骨骨切り術 [広鼻の手術]

鼻筋がすっきりとしていない、鼻の上半分が広く感じるといった印象を改善させる手術が広鼻に対する骨切り術です。隆鼻術(シリコン)では確かに鼻筋を通すことはできますが、鼻筋が横に広がっているタイプの方では鼻筋は通ってもコンパクトな小さな鼻にはなりません。広鼻の骨切り術では広い幅の鼻筋ではなく細めの幅の鼻筋になり鼻全体としては、凹凸のあるすっきりとした鼻になります。

初めての方はこちらからどうぞ 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る
美モニター募集
ポイントシステム
ホテル予約代行
手術症例の解説
症例写真レポート
他院修正手術
古屋院長ブログ
スタッフブログ
採用情報
メディア掲載
来院予約フォーム

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディライン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ