豊胸術のための脂肪注入法

豊胸 [脂肪注入:コンデンスリッチファット(CRF)]

豊胸術には、脂肪注入、シリコンバック、ヒアルロン酸の注入の3つの方法があります。最も自然な柔らかさを求めるのであれば脂肪注入をお勧めします。確実に大きさを求めるのであればシリコンバックの選択となります。また簡単なプチ整形としてのヒアルロン酸注入は、少しだけふっくらとさせるのに適しています。
高松院では、コンデンスリッチファット(CRF)による脂肪注入法を行っています。CRFは、ピュアグラフトよりも多く不純物を取り除き、また注入する脂肪を濃縮させることができます。その結果としてCRFによる脂肪注入では、定着率の向上のみならず、手術後にしこりを形成しにくくなりました。

乳房つり上げ [マストペクシー]

乳房つり上げ術は豊胸術とは全く異なる手術です。豊胸術は下方に垂れ下がった乳輪の位置を上げる手術ではなく、単に胸のボリュームを出すためだけに行います。それに対して乳房つり上げ術は、乳輪の位置そのものを上方に引き上げる手術です。
簡単に言えば胸を大きくするのが豊胸術で、胸を引き上げるのが乳房つり上げ術です。

乳房の垂れ下がりは、下垂と乳房の委縮とが生じたためにおこり、元々大きい乳房の方に多くみられます。妊娠で乳輪上部の皮膚が伸展し乳輪の位置が下方に垂れ下がり、その後の授乳で乳輪が垂れ下がったまま小さい乳房となることで生じます。

乳房の手術で重要な点は、乳房の垂れ下がりがある方に豊胸術を行うと垂れ下がりがもっと目立ってしまうので、手術方法の選択は慎重に行うべきだということです。

乳頭形成 [陥没乳頭]

陥没乳頭は外観的だけでなく授乳といった機能にも影響があります。手術では傷を最小限にとどめた方法で行います。将来授乳を控えている方に限らず、将来の乳癌の診断にもできる限り影響が少ないことを考慮して手術を行っています。

乳輪の色素沈着 [トレチノイン治療]

乳輪の黒ずみの悩みで今までに市販の軟膏薬を試され全く効果がなかったからと言って、黒ずみはもう改善しないものだと諦めている方も多いのではないでしょうか。
乳輪の黒ずみはレーザーでは改善せず、トレチノインの軟膏治療で改善が望めます。トレチノインはビタミンAの誘導体で安全に治療可能です。顔のトレチノイン治療と異なり、効果を出すためには乳輪専用のトレチノインと特殊な使用方法が必要となります。

初めての方はこちらからどうぞ 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る
美モニター募集
ポイントシステム
ホテル予約代行
手術症例の解説
症例写真レポート
他院修正手術
古屋院長ブログ
スタッフブログ
採用情報
メディア掲載
来院予約フォーム

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディライン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ