美モニター募集
  • TOPページへ戻る
  • 新着記事一覧
  • カテゴリ別記事一覧
ポイントシステム
ホテル予約代行
手術症例の解説
症例写真レポート
他院修正手術
古屋院長ブログ
スタッフブログ
採用情報
メディア掲載
来院予約フォーム

症例写真レポート

目(眼瞼)
輪郭
しわ・たるみ改善
口もと
バスト
痩身・ボディデザイン
しみ・ほくろ
美容内科
育毛・植毛
刺青・タトゥー除去
  • 美容内科
  • 育毛・植毛

マストペクシー 乳房つり上げ術

[ 院長古屋のワンポイントアドバイス ]

授乳後下垂した乳房をつり上げる方法がマストペクシーです。
皮膚に残る傷跡から手術方法を当院では3つに分類しています。

 

(1)乳輪周囲の傷(ラウンドブロック法)

(2)乳輪周囲およびその下方に続く逆T字型の傷(マッキソック法)

(3)乳輪周囲およびその下方に続く縦の傷(バーティカル法)

 

(1)のラウンドブロック法は、傷は乳輪の周りだけで済みますが、手術後の乳房の形態は、(2)や(3)の手術の結果にはとても及びません。

つり上げる距離が3cm未満の軽度の下垂に限り(1)のラウンドブロック法で手術を行うことが可能です。それ以外の症例では、切開線が乳輪の下方に続く(2)や(3)の手術方法をお勧めしています。

どのような手術方法を選択するかは、傷の長さや下垂の程度だけではなく、手術後の仕上がり具合も考慮したうえで総合的に判断して決定します。

この症例では、下垂の程度が強いこと、傷をできるだけ目立ちにくくすることを考慮してバーティカル法で手術を行いました。また授乳後にバストのボリュームが不足していたので、プロジェクション(乳房の前方への張り出し)を出す手技を手術に加えました。

傷には個人差がありますが比較的目立たず、手術によってきれいな乳房になっているのがわかると思います。

マストペクシー正面.jpg

 

マストペクシー斜め.jpg

  • 施術料金

    マストペクシー     280万 円 (税別)
    麻酔費用・術前検査  別途

ページの先頭へ戻る

豊胸術(シリコン)

[ 院長古屋のワンポイントアドバイス ]

豊胸術のうちシリコンを使った豊胸術は、1サイズアップ以上の大きさのバストを望む場合にお勧めできる手術方法です。 最近のシリコンバックは以前バックと比べて非常に柔らかくなり、またバックの強度も得られるようになりました。術後に柔らかな胸となるためには丁寧な手術を行うことが必須の条件になります。

私自身が豊胸術の術後の結果でいつも注意していることは、見た目も触り心地も自然な胸にすることです。そのために術前に十分打ち合わせた後、バックの種類や具体的な手術方法を決めていきます。

シリコンバックによる豊胸術では、大胸筋下にバックを入れる方が乳腺下に入れるよりも痛みが強く出ます。数日から1週間程度は鎮痛薬を服用してい頂きます。腫れや内出血の期間は約数週間です。

 

シリコンバッグ.jpg

  • 施術料金

    豊胸術   90 万円  (税別)
    麻酔料金  15 万円~ (税別)

ページの先頭へ戻る

豊胸術(脂肪注入)

[ 院長古屋のワンポイントアドバイス ]

豊胸術のうちの脂肪注入の欠点は、大きさの点で限界があり、またしこりとなることがあります。利点としては、バックと比べて柔らかく乳がん検診のマンモグラフィーを含めた乳がん検診も受けられることにあります。できる限り大きく、できる限りしこりをつくらない当院の方法で脂肪注入を行った症例です。

脂肪注入では、注入した脂肪すべてが定着するわけではありません。濃縮脂肪(CRF)による注入では定着率を上げるだけでなく、しこりとなる可能性をできるだけ少なくさせることです。

術後数週間は胸に針を刺した後が数カ所気になりますが、赤みは1ヶ月くらいでほぼ気にならなくなります。痛みはシリコンバックを入れる豊胸手術よりもはるかに少なく、数日で痛みはほぼ消失することがほとんどです。

 

脂注.jpg

  • 施術料金

    脂肪吸引(大腿前面) 90万 円(税別)
    脂肪注入(CRF)         60万 円(税別)

ページの先頭へ戻る

初めての方はこちらからどうぞ 0120-628-662 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディライン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ