手術症例の解説

 

痩せたいと思った時何をしますか?

「鏡を見て痩せたいと思った時何をしますか?」

ダイエット」もしくは「ジムでの運動」がお決まりの回答でしょう。また平均体重くらいまで落とすことは、単なる見た目だけでなく全身の負担を考えると当然行うべきだと思います。

しかしある程度ダイエットで体重が落ちたとしても、ここだけは痩せない!と仰る方をよく目にします。平均体重での体型は、遺伝的に決まっておりダイエットではコントロールができません。

 

二の腕だけはどうしも減らない、太腿だけは痩せない時にはどうしますか?

必要以上のダイエットはしないでください!

筋肉トレーニングで部分痩せはできません!


少し難しい話になりますが、筋肉トレーニングは筋肉量を増やすことによって基礎代謝が増えるので、摂取カロリーが変わらなければ全身の脂肪は減っていきます。但し、運動するとお腹も減るので摂取カロリーは増えてしまうでしょう。一概には言えないのですが、運動で鍛える部分の筋肉が増えるので、太腿や腕は筋肉が増えて太くなる傾向があります。

 

簡単に結論だけを言えば、運動によりお腹はへこみます。平均体重の人が、太腿や上腕だけを運動で細くすることは難しいと考えてください。

 

医療痩身で最も効果を出せるのは、間違いなく脂肪吸引です。

脂肪吸引は、本来ここだけはどうしても痩せないという部分に行うものです。またはもっとスリムなラインを出したいと思う部分に行います。

手術後の痛みが心配という方や、大げさな手術は希望しない方には、切らない超音波による脂肪溶解術のウルトラアクセントがお勧めです。

 

 

ウルトラアクセントと脂肪吸引との比較

 

症例1(脂肪吸引)

 

LSope前.jpg   LSope後.jpg

 

症例1の脂肪吸引では、上腕(二の腕)の周囲全体および肩のラインまで、また背部は肩甲骨の内側までしっかりと吸引して脂肪を取っているので、上腕全体が非常にスッキリとしているのがわかります。

 

 

症例2(ウルトラアクセント)

 

Ultra前.jpg   Ultra後.jpgのサムネール画像

 

二の腕は、合計6回のウルトラアクセントによってかなりすっきりとしています。

但し、脂肪吸引ほどの効果は期待できません。それでもある程度の満足は得られます。

ウルトラアクセントは、痛みが全くないので仕事帰りでも受けることができ、その日から通常の生活に戻れる代表的なプチ整形の1つです。

 

症例3(脂肪吸引 腹部+ウエスト)

 

LS前.jpg   LS後.jpg

 

この脂肪吸引では、アンダーバスト、腹部全体、ウエストおよび腰背部と吸引する範囲を広げているので、全体的にかなりすっきりとした仕上がりになっています。特にウエストの引き締まり、くびれがしっかりと出ています。

 

症例4(ウルトラアクセント 下腹部のみ)

 

Ultra下腹前.jpg   Ultra下腹後.jpg

 

症例4では、へその周りを含めた下腹部のみを行っています。3回の施術で下腹のポッコリとした印象が改善しているのがわかります。

施術範囲が狭いので、脂肪吸引と比べることはできませんが、部分痩せという意味では手軽な施術方法です。

 

ウルトラアクセントと脂肪吸引のどちらを選択?

まずは施術の効果として、症例1から症例4までを参考にしてください。

痩身を考える時、ウルトラアクセントと脂肪吸引のどちらを選択するかで悩むとき、以下のことを考慮して決めるのがいいと思います。

 

判断基準

1 最大の効果を求めるなら脂肪吸引が優れている

2 範囲が広ければ、結局脂肪吸引の方が費用が少ない

3 痛み、腫れ、内出血がないのはウルトラアクセント

4 脂肪吸引という手術に対する不安が強ければ、ウルトラアクセント

 

 

 

**************************************

 

リッツ美容外科 高松院

香川県高松市瓦町2-6-14 瓦町スクエアビルド6F

TEL:0120-882-622 (年中無休/受付時間:10:00~19:00)

 

Webからのご予約・ご相談はこちら≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超音波による痩身(ウルトラアクセント) | 2015.06.20

下瞼のクマは、老けて見える、疲れて見えるなどの印象を与えてしまいます。昼間よりもむしろ薄暗い所で鏡を見た時に下瞼のそういった印象を持っている方は意外に多いと思います。このような状態は30歳以降の方に多いのが普通ですが、たまに若い10代や20代前半の方にも見られます。

 

原因

1 もともと下瞼の奥にある脂肪の量が多いので、その脂肪が内側から外側に向かって突出してきたことによる

2 老化による皮膚のたるみ

3 老化による筋肉(眼輪筋)のたるみ

 

鏡を見て自分の目の下がポッコリとふくれて影がある場合には、上記1のように脂肪が原因していることがほとんどです。脂肪の量が多いことがクマの原因の場合には、脂肪の量を減らす処置として、たとえば脂肪の除去(脱脂)手術で改善が見られます。

 

手術方法の選択

1 下眼瞼脱脂術

2 下眼瞼切開術

 

確かに誰でも切開せずに下瞼の印象が改善されればそれに越したことはありません。3つの原因のうち脂肪の占める割合が多ければ下眼瞼脱脂術、皮膚や筋肉のたるみが多ければ下眼瞼切開術を行います。


皮膚や筋肉のたるみがあまりない30歳~40歳くらい年齢の方は、下眼瞼脱脂術を行います。この手術は、皮膚を切開せず瞼の裏側から行う手術で腫れや内出血がほとんどなく当日からも良好な仕上がりとなります。(症例1参照)

皮膚や筋肉のたるみがある程度ある方でも、下眼瞼脱脂術でかなりの改善が得られますが、多少の皮膚のたるみは残ります。(症例2参照)

 

一方50歳くらい以上になると、3つの原因のうち脂肪による割合よりも皮膚や筋肉のたるみの割合が高くなるので、下眼瞼切開術を行います。


 

 

手術の痛み

 

よく「下瞼の脱脂の手術は痛いですか?」と聞かれます。

答えは「当院での手術は、採血の時の痛みよりはるかに楽です。」と思ってもらって大丈夫です。

皮膚を切開しない瞼の裏側より行う手術は、手術中の痛みがほとんどないのが特徴で、術後腫れもないので安心して受けられます

 

症例写真

症例1

手術前   手術直後
下眼瞼1術前.jpg   下眼瞼1直後.jpg

 

上記の症例1では、下眼瞼脱脂の手術を行っています。皮膚のたるみがほとんどない方の場合、手術直後から下眼瞼に凹凸のない若々しい状態となります。

 

症例2

手術前   手術後
下眼瞼2術前.jpgのサムネール画像   下眼瞼2術後.JPG

 

上記の症例2では、皮膚を切らない下眼瞼脱脂を行っています。このような凹凸のある下眼瞼の原因として、皮膚や筋肉のたるみもあります。手術方法としては、下眼瞼切開によってたるみも同時に改善させることもできますが、この症例では、皮膚の切開は行っていません。

下瞼の皮膚は術前から左の方が右よりもたるみが強かったので、術後も多少のたるみが残っていますが、全体的には皮膚を切開しなくてもこのくらい十分な改善が見られます。

 

 

 

**************************************

 

リッツ美容外科 高松院

香川県高松市瓦町2-6-14 瓦町スクエアビルド6F

TEL:0120-882-622 (年中無休/受付時間:10:00~19:00)

 

Webからのご予約・ご相談はこちら≫

下眼瞼 | 2015.05.11

初めての方はこちらからどうぞ 0120-628-662 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディライン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ