1. 美容整形のリッツ美容外科 トップ
  2. 施術一覧
  3. バスト
  4. 脂肪注入(コンデンスリッチファット)
美モニター募集
ポイントシステム
ホテル予約代行
手術症例の解説
症例写真レポート
他院修正手術
古屋院長ブログ
スタッフブログ
採用情報
メディア掲載
来院予約フォーム

施術内容

サイズダウンしたい部分の脂肪をバストに注入し、バランスのよい体にする一石二鳥の手術です。極細注入針の使用でバストに傷をつけず、大胸筋下、大胸筋内、大胸筋上(乳腺下)、乳腺周囲と4層への注入を可能にしました。脂肪の生着に最も重要である血液の供給は血流の豊富な大胸筋(筋肉)周囲への注入がポイントです。脂肪を少量ずつ重なりあわないように散らして注入し、血管から栄養をもらいやすい状態にします。

お勧めの方

・人工物(バッグ、ヒアルロン酸など)による豊胸に抵抗がある方
・気になる部位のサイズダウン、バストアップを同時に希望される方
・部分的(上胸部、胸の谷間など)に豊胸をしたい方
・レントゲンに写らない方法を希望する方
・脂肪注入法で2サイズ以上カップ数をアップしたい方

他院で行なわれている一般的注入法では脂肪生着率は10~20%程度と考えられます。
これは太い注入針(一部5mmぐらい切開しますと説明されるはずです)により脂肪が一塊(かたまり)として注入され、ほとんどの脂肪細胞に血管から栄養が行きわたらないためです。
結果、注入脂肪の大部分は壊死し、融解して吸収されてしまいます。
このような注入法を行なっているクリニックは手術時間が吸引も含めて2~3時間で終わるようです。

リッツ式脂肪注入法は根本的にこれらと異なります。
注入脂肪の生着率(すなわち残る脂肪)をアップさせる為に極細注入針を使用しています。
この方法はバストには1mmたりとも一切、切開を致しません。
もちろん一切傷が残らないということもメリットですが実際にはもっと大きなメリットが存在するのです。

当院での脂肪注入は丁寧に時間をかけて行なうため脂肪生着率を飛躍的にアップさせることができました。
一般的注入法が約10%程度なのに対して、リッツ式注入法では平均30~50%程度にまで向上しております。

バストへの脂肪注入後、アフターケアで最も重要なことは安静を保つことです。
栄養血管が脂肪細胞に侵入したあとしばらくはまだ弱いため"揺らす"ことが最もいけないのです。
術後3週間で栄養血管は安定しますのでこの点に十分ご注意ください。
エアロビクスなどの激しい運動は術後、約3週間はお控えください。

POINT

脂肪吸引と豊胸術で、メリハリのあるボディを手に入れることができるのが脂肪注入法です。
当院では、極細注入針で注入するため、バストに一切傷がつきません。極細注入針で脂肪細胞を少量ずつ、重なりあわないように散らして注入することを可能とし、血管から栄養をもらいやすい状態(バリアを作らない)にするのが、生着率アップのポイントです。 生着率を上げるためには、一ヶ所に片寄ることなく、少量ずつ多くの層に注入することが重要です。従来法では乳腺周囲にしか注入できなかったのを、大胸筋下、大胸筋内、大胸筋上(乳腺下)、乳腺周囲と四層に別々に分けての注入を可能にしました。脂肪の生着に最も重要である血液の供給は、血流の豊富な大胸筋(筋肉)周囲への注入がポイントです。
更に生着率を向上させる幹細胞脂肪注入法を行っています。当院では、幹細胞注入法を有名国立大学と提携し、治験段階から研究・開発を進めてきました。幹細胞は、脂肪細胞になったり、その脂肪細胞に血液を供給する血管になったりします。幹細胞を補充することでより多くの脂肪細胞や血管が生きていくことができるようになり、2サイズ以上のバストアップが可能となりました。
脂肪吸引も丁寧に時間をかけて行い、ボリュームのあるバスト、くびれたウエスト、スラリとした脚を実現します。

ページの先頭へ戻る

脂肪注入の特徴
  • 施術時間

    約180分
    ※大腿の脂肪吸引含む

  • 麻酔

    硬膜外麻酔+静脈麻酔

  • 腫れ具合

    ★★★☆☆

  • ダウンタイム

    抜糸
    脂肪吸引部 7日目
    脂肪吸引部1~2週間むくみ。

同時に行うことが多い施術

症例写真



豊胸(脂肪注入法)症例写真

脂肪注入法

「太もも、ふくらはぎより脂肪吸引し、それをバスとに注入することで、AカップからCカップにバストアップ。 バランスの良いプロポーションに変化しました。」

脂肪注入法

「脂肪注入法により、AカップからCカップへと、美しいバストに仕上がりました。」

ページの先頭へ戻る

料金表

  • 脂肪注入

    脂肪吸引料金+324,000円~ ※吸引する脂肪の量に応じて異なります ※2014年4月からの税込料金です

ページの先頭へ戻る

よくある質問と答え

Answer

  • 脂肪注入法は、気になる部分は痩せて、バストは豊かになるという一石二鳥の贅沢な手術ですが、大きなサイズアップは難しく1~2カップ位のサイズアップです。
  • 一般的方法の生着率は10%~20%と考えられていますが、当院では30%~50%まで生着率を向上させています。特殊注入針を開発し、血流豊富な大胸筋下、大胸筋内、大胸筋上、乳輪周囲と4層へ脂肪細胞を少量ずつ重なりあわないように、散らして注入することを可能とし、血管から栄養をもらいやすい状態にできるからです。
  • 生着率を上げるために、少量ずつ多くの層に注入します。当院では極細注入針の開発により、従来法では乳腺周囲にしか注入できなかったのを、大胸筋下、胸筋内、大胸筋上(乳腺下)、乳腺周囲と4層に分けての注入を可能にしました。脂肪の生着率アップのポイントは、血流豊富な大胸筋周囲への注入です。
  • 極細の注射針で注入しますので、バストには一切傷がつきません。
  • 一般的な方法では太い注入針で、脂肪を一塊として注入します。塊の状態で注入された脂肪細胞が生着してしまうと、“しこり”となります。当院では、“しこり”を作らないように、極細の注入針で脂肪を少量ずつ細かく散らばせて注入し、平面的にも立体的にも多くの部位(4層)に注入する方法で行っています。
  • 痩せている方が2カップのサイズアップを希望する場合、生着するに足る脂肪が確保できるかどうかを診断します。また、生きている脂肪細胞を注入しても、注入された脂肪細胞を助ける細胞が存在しないと、吸収率が高まってしまうことがあります。脂肪注入法で希望のバストアップが可能かどうか医師とよくご相談下さい。
  • マッサージは、必要以上に脂肪の吸収率を高めることがありますので、最低1ヶ月は控えて下さい。
  • 注入後に最も重要なことは胸の安静を保つことです。栄養血管が脂肪細胞に侵入した後は、しばらくまだ弱いため“揺らす”ことを最も避けなくてはいけません。手術後約3週間で栄養血管は安定しますので、胸を揺らすような激しい運動は手術後少なくとも3週間はお控え下さい。
  • 脂肪注入法は、バランスの良いボディラインにする一石二鳥の手術ですから、脂肪吸引をおろそかにしては意味がありません。当院では、チューメセント法、クリスクロス法、細いカニューラの使用など、丁寧に時間をかけて吸引を行うことにより、ムラのない滑らかなボディを形成します。
  • 個人差はありますが、脂肪吸引部は1~2週間、バストは5~7日間位です。
  • 硬膜外麻酔で無痛の内に終了します。術後バストの注入部に強い痛みはありません。吸引部は腹部全体から吸引した場合、デスクワークならば最低1日、大腿全周の場合には少なくとも2~3日間、立ち仕事の場合はもう少し余裕を持った方が良いでしょう。痛みは筋肉痛の様な感じでほぼ2週間までに消失していきます。
ページの先頭へ戻る

初めての方はこちらからどうぞ 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る
携帯メール宛てにこのページのリンクを送信します



※「リッツ美容外科 ページURL」というタイトルの
 メールが届きます。

  1. 美容整形のリッツ美容外科 トップ
  2. 施術一覧
  3. バスト
  4. 脂肪注入(コンデンスリッチファット)

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディライン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ